ようこそじょうほう収益物件へこのサイトでは、収益物件の選ぶコツ、運営費や諸費用、収益物件を購入した際の税金対策などについて紹介しています。


じょうほう収益物件

収益物件について

収益物件とは、毎月一定の賃金収入のある不動産、つまり一棟売りのアパートや賃貸マンション、テナントビル等のことをいったり、投資した不動産の家賃収入から収益を得る目的で購入する物件を指します。
2002年4月から、いくら預金していてもその金融機関が破綻したら1,000万円までしか払い戻されないというペイオフが解禁されました。
そうした中、高利回りの収益物件が今、注目されています!ですから今こそショッピング枠現金化(即日キャッシング・即日融資)で資金を手に入れて動き出しましょう。
収益物件の運営は長い目で見ても安定した家賃収入を得る為の資金運用なのです。

不動産投資の目的を明確にする

現金収入が欲しいから、節税のため、年金・保険のかわりに、など不動産投資をする際にはいろいろな目的があると思います。まずは自分がなぜ不動産投資をしたいのかを明確にし、自分の投資スタイルをはっ
きりさせることが大切です。
また、不動産投資についての学習をすることも必要です。書籍を参考にする場合は、著者によって様々な投資スタイルが紹介されていたり、内容が違っていたりするので、複数の書籍、情報源を参考にするのがおすすめです。また実際に不動産投資をしている方に、現状を聞く事もとても勉強になります。

予算・収益物件のタイプを決める

ある程度不動産投資について学んでくると、どのくらいの予算でどのようなタイプの収益物件を探せばいいのかわかってくると思います。アパート、ワンルーム、マンション、都心のビルなど自分の投資スタイルにあった収益物件を絞り込みましょう。また目的別に収益物件を選ぶのもひとつの方法といえます。

現金収入

より多くの収入を安定して長期間得ることが目的になります。収益物件の用途、立地、利回りなど想定されるリスクとあわせて判断しましょう。

年金の代わり

長期的な視点で収益物件のニーズや間取り、設備などを考えましょう。また、年金を受給する時期までに借入金の返済が終了できる価格かもポイントになります。

節税対策

損益のコントロールや他の所得とのバランスなどを長期的に見て、本当の節税になるかを専門土などに相談して慎重に判断しましょう。


このサイトでは収益物件について詳しく説明していきますのでぜひ参考にして頂き、お特な収益物件にめぐり合って頂きたいと思います!

Favorite

名刺の印刷なら
http://www.niwa-p.co.jp/meishi/
アンパサンド
https://www.rakuten.ne.jp/gold/s-work/
岡山で前撮り
http://kurashiki-maedori.jp/

Last update:2017/4/10