ようこそじょうほう収益物件へこのサイトでは、収益物件の選ぶコツ、運営費や諸費用、収益物件を購入した際の税金対策などについて紹介しています。


 じょうほう収益物件

収益物件の種類とメリット

ここでは収益物件の種類とメリットについて紹介していきますので参考にして下さい。管理人の友人は広島 賃貸で収益物件を選んでいました。広島で探すならおススメです。

種類

収益物件と一口に言っても、その種類は実に様々でマンション一室で始める収益物件からビルやマンションを丸ごと一棟所有してのパターンまで色々です。そんな収益物件の種類を見てみましょう。

ビルやマンションを一棟丸ごと所有

これは文字通りビルやマンションを一棟丸ごと自分で所有するというものです。これは考えなくてもかなりの額の購入費などがかかるとわかりますね。ですので一般の方が購入するというよりも、個人事業主や法人が所有しているのがおおいのではないでしょうか。またこのビルやマンションは、今まで使っていなかった土地などを有効活用するためにマンションを建てるといった方法もあります。ハイリスクハイリターンの様な気がします。これをするにはかなりの資金が必要になってくるでしょう。

マンション一室を所有

これはマンション一棟から一部屋づつを分けて所有者がその1つづつの部屋を所有するというモノです。マンション一棟を丸ごと購入する方法よりも格段に値段が安く今日入する事が出来るのも、その魅力の1つでは無いでしょうか。これならリスクも少なくて済み、何よりマンション一棟の収益物件を所有した時の勉強にもなります。そして何よりこの一室だけの所有の魅力は、そのマンションの管理や維持、清掃などを管理会社がやってくれる事だと思います。普通自分で所有した場合などは、自分でこの管理会社などを探さなくてはなら無いですが、この一室だけの場合には、このマンション一室購入の募集をかけた業者が管理などを行ってくれる場合がほとんどの様ですので、安心して任すことが出来ます。

 

そのメリットとは?

収益物件と言うのは、その建物自体にも価値は、もちろんあるのですが、それを売却して得る事が出来る利益だけが収益物件の魅力ではありません。アパート、マンションは人に利用されてこそその価値があると思います。そうです、長期に渡って所有することでその利益を生み出すことができるのも収益物件の魅力ではないでしょうか。そういった物件の売却以外にもにもある収益物件のメリットについて紹介していきます。

利回りが望める

これは上にも書きましたが利回り、つまり自分の所有する収益物件に入居している人達からの家賃収入が望めるということです。アパートやマンションをそのまま、放置していては何の利益も生み出すことはありませんが、こういう風に入居者がいる場合には、その家賃収入も期待できます。これが利回りです。しかしここで1つ知っておきたい事があります。それは、表利回りと実質利回りです。この2つは、同じ利回りですが、計算するとその金額は違ってきます。この違いは収益物件と利回りのページで説明しますが、この違いも収益に違いが出てくると知っておくと良いでしょう。話は少しそれてしまいましたが、この家賃の収入が収益物件を所有するに当たっての一番大きなメリットではないかと思います。

私的年金

安定した家賃が定期的に入ってくるようになり、その収益物件に借金やローンも全て無くなった場合には、後は物件の維持費と税金だけになるので、それを差し引いて利益が出るなら其れを、私的年金として考える事も可能です。これは働かなくても収益が出てくるのでまさに年金のようなシステムを自分で作ることが出来るというわけなんですね。

生命保険

これは生命保険と書きましたが詳しくは、生命保険の代わりにもなるということです。個人でローンを組む場合に団体信用生命保険というものが付くので。万が一ローンの返済途中で亡くなってしまった場合にも、残りのローンは収益物件の返済にあてられます。そうすると返済額が0になった場合にその後残った収益物件が生命保険の代わりになるのです。これは家賃収入とその物件自体の価値が保険金の代わりに入ってくるということになります。

 

注目サイト

葛飾区 不動産

最終更新日:2017/12/6