ようこそじょうほう収益物件へこのサイトでは、収益物件の選ぶコツ、運営費や諸費用、収益物件を購入した際の税金対策などについて紹介しています。


 じょうほう収益物件

 

収益物件のリスク

投資にはリスクもあればメリットもあります。何のリスクも無しにメリットだけがあるのが収益物件ならみんな始めています、ここではそのリスクについて見ていきましょう。広島 賃貸などでなるべくリスクの少ない物件を選びましょう。

すぐ現金にならない

不動産ですのですぐに現金に換えると言うわけにはいきません。家賃収入も一定の金額が一定の期間ごとに入ってきますが、予想外の大きな金額が必要になった場合など、すぐに現金にすることが出来ないと言うデメリットがあります。

他には物件も新築のうちは良いのですが、やはり何年も何十年も経つと老朽化が例外なくやってきます。それに対する老朽化防止の対策費もかかって来てしまいますし、老朽化したことによって家賃を安くしなければならないと行った状況になることも考えておかなければなりません。これは少子化の影響などで新規にマンションに入居する人が減って来たときに、やはり新しいマンションと老朽化が進んでいるマンションで家賃が同じなら新しい方を選ぶとおもいますので、入居の可能性が低くなってしまうということにも繋がります。

そしてマンション自体の問題だけではなく、マンションの周りの環境の変化によってもデメリットになる場合があります。街の中心地の移り変わりや、商店街に人がいなくなったりなど、全国各地で起こっている事ですが、これは周りに建つマンションにも影響をあたえます。この移り変わりも良く見ておかなくてはなりません。しかもマンションを建てたり、購入した後だと場所を移動することが出来ないのでこれは大きなデメリットとなってしまうのです。

また確実にマンションの全室に入居者がいるという保証も無いので、半分ぐらいの入居者しかいなくて、ローンの返済額よりもマンションの家賃収入が少ないという最悪のパターンになってしまう可能性も否定できません。

これらは土地の情報や管理運営をしっかりとやっていくことでいくらかは防げる問題でもあるとは思うのですが、地震、台風などが来てしまった時に被害に遭ってしまうという不安は常にあります。これは防ぐことも出来ませんし、最小限の被害で済むような工夫をするしかありません、他には保険にはいっておくなどです。

いすれにせよこういったデメリットがあることを頭にいれてマンション・アパートなどの収益物件を購入しなければなりません。

 

pickup

2017/7/18 更新